どういう時に必要?ベルメゾンで授乳ブラを買いました

産後に必要なら買おうと思っていた「授乳ブラ」をネット通販で注文しました。

産前は、ユニクロのノンワイヤーブラで過ごしており、(授乳ブラは必要ないかな?)と思っていました。
産後、母乳がスムーズに出るようになったので、授乳していたら、普通のブラだと授乳しにくいなと感じるようになったので、ベルメゾンで授乳ブラを購入。

スポンサーリンク

授乳ブラの特徴

授乳ブラは、カップ部分に授乳がしやすい機能がついているのが特徴です。
授乳口には、フロントオープンと、クロスオープン、カップオープンタイプがあります。

授乳口タイプの違い

フロントオープンタイプは、フロント部分にボタンがあり全開できます。

クロスオープンノンワイヤーブラジャー

クロスオープンタイプは、カップを片手で下して授乳させやすいデザインです。

カップオープンタイプは、カップがペロっとめくれるタイプのブラジャーです。
ワンタッチでカップが大きく開くので、授乳しやすいです。

産前産後も使えるクロスオープンノンワイヤーブラジャー

クロスオープンノンワイヤーブラジャー

今回は、クロスオープンタイプを選びました。

産前産後も使えるクロスオープンノンワイヤーブラジャー
価格 ¥690 (税込)

取り外し可のパッド入りで、後ろホック2列4段階調節できる、ノンワイヤーブラジャー。
安くて、楽そうだからと言う理由で選びました。

クロスオープンノンワイヤーブラジャー

妊娠中から使えるカップ入り。産後に授乳がしやすい、締め付けの少ないブラジャーでした。

クロスオープンノンワイヤーブラジャー

後ろにホックがあり、体型が変わっても4段階調節できるところがいいですね。
伸縮性のある生地なので、かなり体型が変わらない限り、あまり必要が無いようにも感じますが(汗)

授乳対応L字型ワイヤークロスオープンブラジャー

支持率ナンバーワンで口コミもたくさん投稿されていた、ワイヤー入りのクロスオープンブラを選びました。


授乳対応L字型ワイヤークロスオープンブラジャー

授乳対応L字型ワイヤークロスオープンブラジャー
価格 ¥1,990 (税込)

肩までレースがついていてカワイイと思ったので選びました。
ただし、選ぶ色によっては、おそろいのショーツが見つかりにくいのが難点…。

自分の中では、こちらが“本命のブラ♪”だったんですが、安い方のブラと比べると、カップの開きが控えめなので、授乳がやりにくいです。

デザインは、肩にもレースがついていたりするので、こちらの方が気に入っています。

ベルメゾンのブラジャー

【ワコールマタニティ】妊娠から出産、そして産後まで。ママのキレイをサポート

スポンサーリンク
【お知らせ】 ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
【お知らせ2】 このブログは2017年3月から更新再開しました。
出産後の赤ちゃんとの暮らしを書いてるブログはこちら!→ すくすくニコムーン

出産入院準備品カテゴリの記事