9歳差お姉ちゃんの言葉に出さない想い

娘は私のサポートをがんばってくれていたぶん、甘えたい心などもあったり、言葉では出さないけどやっぱり我慢していた部分があったようです。

今日、娘は私を困らせるようなことを言ったり、夫に無理を言っていて、お風呂の後に夫が疲れてついとってしまった冷たい態度に、何かがプチンと切れて、泣いてしまいました。

スポンサーリンク

心の優しい子なので、がんばってくれる面が多いんだけど、私がしっかりしてガッと包んでいつも笑顔でいられるようにしてあげないと。
今週末は二人でショッピング行こうぜー。

私も8歳下の妹がいる

私も娘と同じで、8歳下の年の離れた妹がいます。
正直、娘を見ていて、自分が子供の頃を見ているような気分になる時があります。

年が離れていないぶん、口に出さなかったり表現できなかった自分の想いはたくさんあったのです。
1人っ子の時期も長かったし、小学生になっていたので大人と同じようにあつかわれる面もありましたが、たぶんまだ子供だったのか、親に望んでいることがありました。親への欲求?

その時、私は母にどんな風に接してもらいたかったのかなあと、思い出しています。

私は子どもの頃、洗濯物を干している母に、こんなことをいった記憶があるんです。
「私と妹どっちがすき?」「私っていないほうがいい?」
母は親らしい答えを言ったと思うんだけど、それはたぶん私が言って欲しいことじゃなかったのか覚えてなくて、諦めのようなものを感じた記憶が残っています。母はそれは私が「その時からパタンと自立したのだ」と今でも言うので「そやね~」って答えるけど、そういうわけでもないのよ?ってどこか思ってるんですよネ。

娘に話したこと

私は今日娘に、こんなえらそうなことを言いました。

今、お腹の中にいる赤ちゃんは、生まれてくるのを楽しみにしているよ。
でも、知らないことばっかりだし、不安もいっぱいだから、いっぱい大事にして安心させてあげよう。
君が学校から帰ってきたら、その声を聞いてお腹の中で動き回っているよ、嬉しいのだろうね。
君はお母さんのいちばんでし。いっぱいいろんなことを教えるよ。
だから君もいろんなことを教えてあげるんだよ。

でもね、これはほんとは娘に生まれた子にして欲しいことじゃなくて、
娘が生まれて今まで、私が彼女からやってもらったことなんだよなあと、今、思いました。

昨日は、私私と自分のことばかりじゃなくて、
1人目の娘のことを考えたりしてシンミリしていた日です。

+++

娘は、一人で寝られるようになったのだけど、その晩、私にひっついて寝ました。
これでいい。

この記事の続きはコチラ。
続・9歳差お姉ちゃんの言葉に出さない想い
やっぱり、まだ気持ちが安定してなかったみたいで、娘が泣いちゃった(><。

スポンサーリンク
【お知らせ】 ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
【お知らせ2】 このブログは2017年3月から更新再開しました。
出産後の赤ちゃんとの暮らしを書いてるブログはこちら!→ すくすくニコムーン

娘へカテゴリの記事