【2人目妊娠】はじめての産婦人科、診察内容と費用

妊娠検査薬で妊娠している事がわかり、病院選びに悩んで、やっと産婦人科ではじめて診察してもらう日になりました。

この記事では、持ち物・服装、診察内容、費用についてかいています。

スポンサーリンク

産婦人科に行った時の持ち物

財布(お金2万円)、健康保険証、ハンドタオル、マスク、文庫本、携帯電話

お金・・・初診の費用がどのくらいなのかわからなかったので多めに持っていました。
マスク・・・インフルエンザが流行っていたので。
文庫本・・・待ち時間が長いかもしれないと思い本を持参していましたが、すぐみてもらえました。
携帯電話・・・月経や体調の記録もあるので。

産婦人科で受診する時の服装

受診する時どんな服装がよかったのか忘れていて、パンツスタイルで行きました。
産婦人科を受診するとだいたい内診をするだろうと思っていました。内診って、やっぱり恥ずかしいですが!しょうがないと思う面と、1人目である程度どうなのかわかっていたので、そういう不安はあまりありませんでした。

内診の際は、ズボン・パンツは脱いで、下半身はすっぽんぽんで!
診察台まで距離がありますが、バスタオルで下半身を隠す感じでした。さすがにバスタオルがかりられなかったら、恥ずかしかったかと思います。あと、靴下は履いたままでOKというのも、微妙に恥ずかしかったです。

ズボンでもそれほど問題はありませんでしたが、脱ぎ着しやすい服装がいいと思いました。

診察内容、妊娠だと診断されるまで

(1)問診票に記入
(2)血圧を測る
(3)尿検査(採尿)
(4)先生と話す
(5)内診
(6)先生と話す

待ち時間の間、問診表に記入。最終月経や生理周期、前回の出産の様子、親族の病気など。
その後、血圧を測る機械で血圧を測りました。それから尿検査のために採尿。
それほど待たずに、先生と初対面。少し話して内診することに。内診は別室に移動して下着を取って、診察台に座ります(恥ずかしい)。
おそらく妊娠してからすぐに受診したためか、お腹に何かをあてて赤ちゃんの様子を見るのではなく、膣に何か入れたら、画面におなかの中の様子がうつり「赤ちゃんがこれですよ。」と教えてもらえました。この時初めて、自分のおなかの中に赤ちゃんがいることが確認できました。心臓が動いている様子もわかったので、生きていることもわかりました。
その後、パンツ履いて、先生と赤ちゃんのうつった白黒写真を見ながらお話。「子宮内にいます」だとか「今、6週目くらいかなあ」だとか、そんなことを教えてもらいました。

この日の質問

私「赤ちゃんはいますか?生きていますか?」
先生「妊娠しています。赤ちゃんは生きています。」

先生「つわりはないですか?」
私「つわりとはどんな感じですか?気持ち悪い時はあります。」
先生「大丈夫そうですね。気持ち悪すぎて吐いて食べられなかったりすることはありますか?」
私「吐くことはないです。食欲はあります。」
先生「吐きすぎたり、あまりにもつわりがつらい時は病院にきてください。」

先生「他に気になることはありますか?」
私「眠すぎて昼も寝てしまうことと、体重はどのくらい増えてもいいのでしょうか?」
先生「眠いのは妊娠初期症状なのでゆっくりしてください。体重は10キロくらい増えても大丈夫です。今の様子なら8キロくらい増がいいかな。」

診察後、私がわかったこと

(1)妊娠していました
(2)赤ちゃんは生きています
(3)赤ちゃんは子宮内にいます
(4)病院の先生もスタッフも雰囲気もいい感じかな

ひとまず、ほっとひと安心です。出産予定日はわからず。
この日母子手帳がもらえるようになると思ったけどもらえず。
次の健診は1週間後くらいにきてくださいとのこと。

支払った金額
1回目 妊娠2ヶ月
初診
超音波検査(断層撮影法)胸腹部
合計 2,400円

2人目を妊娠していてもうすぐ出産する妹とメールをしていたら、病院に早く行き過ぎてもわからんよ。子宮外妊娠かどうかわかるくらいだよ。なんて言われ、(どうしようかな~、もうちょっと先でもいいかな~)とも思いました。が、妊娠していることがなんとなくわかっているのに、微妙な感じで気分が落ち着かなかったので、病院にいきました。

スポンサーリンク
【お知らせ】 ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
【お知らせ2】 このブログは2017年3月から更新再開しました。
出産後の赤ちゃんとの暮らしを書いてるブログはこちら!→ すくすくニコムーン

妊婦健診カテゴリの記事

妊娠初期カテゴリの記事